内部統制・コンプライアンス

内部統制の基本方針

当社は、会社法に基づき、当社の業務の適正を確保するための体制を整備しています。

  1. 取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
  2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項
  3. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
  4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
  5. 当会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
  6. 監査役会がその補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制ならびにその使用人の取締役からの独立性に関する事項
  7. 監査役への報告体制およびその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

コンプライアンス体制

当社が企業としての社会的責任や使命を果たし、社会から信頼され、必要とされる企業であり続けるために、次のようにコンプライアンス方針を定めます。

  1. 法令、社会的規範・企業倫理、就業規則を遵守する。
  2. 誠実な姿勢で企業活動を行い、公正な取引を行う。
  3. 企業情報を適宜、適切に開示し、企業活動を透明にする。
  4. 以上のことを確実に実践するために、コンプライアンス体制の確立・維持を図る。

<コンプライアンス組織図>

コンプライアンス組織図