超高層・大空間・高耐久性を実現する「高強度コンクリート」

2011年07月31日

高強度コンクリートとは

  • 一般のコンクリートよりも強度の高いコンクリートです。
  • 高い強度を活かして、高層建築や大スパン構造物の建設に利用されます。
  • ひび割れが生じにくく、中性化も抑えられることから、耐久性の向上が図られます。

 

県内企業初

高強度コンクリートはJIS規格外となるため、事前に大臣認定が必要となります。平成20年、当社は県内の生コン工場と協力し、県内建設会社として初となる高強度コンクリートの大臣認定を受けました。

認定日 認定番号 製造場所 設計基準
強度(N/㎟)
H20.6.16 MCON-1899 株式会社沖縄生コンクリート西崎工場(限定) 39〜60
H21.1.28 MCON-2015 株式会社沖縄生コンクリート那覇工場 39〜60
H21.1.28 MCON-2014 株式会社沖縄生コンクリート西崎工場 39〜60
H21.2.5 MCON-2020 琉球生コン株式会社 39〜60

 

高強度コンクリートのメリット


  • 災害に強い建物や構造物の建設が可能となります。
  • 従来よりも柱や梁を小型化することが可能となり、自由度の高いデザインが実現出来ます。
  • より利便性の高い空間、より経済性に優れた施設を提供します。
  • 構造物の長寿命化により、サスティナブル(持続可能な)社会の実現に寄与します。